【.Net】QRコードを作るwindowsアプリケーションを作ろう

QRコード作成ソフト技術関連

【.Net】QRコードを作るwindowsアプリケーションを作ろう

初めに

最近いろいろなところでQRコードを見る機会が増えてきました。QRコードはカメラで撮れば簡単にいろいろなことを伝えられて便利ですね。そこで今回はQRコードを作るwindowsアプリケーションを作ってみようと思います。

今回はQRコードを作ってくれるライブラリ、「ZXing.Net(ゼブラクロッシングドットネット)」を使って作っていきます。ZXing.NetはJava用に開発されたライブラリを.Netに移植したものです。

GitHub - micjahn/ZXing.Net: .Net port of the original java-based barcode reader and generator library zxing
.Net port of the original java-based barcode reader and generator library zxing - GitHub - micjahn/ZXing.Net: .Net port of the original java-based barcode reade...

使用環境とパッケージ

  • VisualStudio2022
  • ZXing.Net

プロジェクトを作成

VisualStudioを起動し、「新しいプロジェクトを作成」

プロジェクト作成

Windowsフォームアプリケーション(.NET Framework)を選択し「次へ」ボタンを押す。

プロジェクトタイプ設定

プロジェクト名を「QRCodeMaker」にして、右下の「作成」ボタンを押します。

プロジェクト名

windowのパーツを配置する

以下のように配置してください。大きさは大体で問題ないです。

画面配置

ZXing.NETパッケージをダウンロード

ソリューションエクスプローラーの中にあるプロジェクト名を選択して右クリックし、表示される項目の中にある「NuGetパッケージの管理(N)…」をクリックします。

NuGetパッケージの管理メニュー

参照をクリックし、検索ボックスに「ZXing」と入力します。そうすると「ZXing.Net」が出てくるので、クリックします。

右側の内容の詳細から、バージョン「0.16.6」を選び、「インストール」ボタンをクリックします。

パッケージ検索

これでパッケージがインストールされます。

コーディング

次にプログラミングをしていきましょう。ボタンのイベントで実行するようにしたいので、クリックイベントを実装していきます。

button1のTextを「Create」に変え、Formのボタンをダブルクリックするとbutton1_Clickイベントが自動的に実装されます。

その中に以下のコードを書きこみます。

コード

一番上に

using ZXing;

を入れてください。

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            BarcodeWriter writer = new BarcodeWriter();
            writer.Format = BarcodeFormat.QR_CODE;
            writer.Options.Height = 200;
            writer.Options.Width = 200;
            writer.Options.Margin = 2;

            writer.Options.Hints.Add(EncodeHintType.CHARACTER_SET, "UTF-8");
            writer.Options.Hints.Add(EncodeHintType.ERROR_CORRECTION, ZXing.QrCode.Internal.ErrorCorrectionLevel.M);
            
            pictureBox1.Image = writer.Write(textBox1.Text);
            Clipboard.SetDataObject(pictureBox1.Image);

        }

動作させてみる

プログラムを書いたら保存し、画面上部中央の緑矢印ボタン「開始」を押すとプログラムが実行されます。

テキストボックスに「TEST」といれ、「Create」ボタンを押します。

このように出てきたら完成です。

正常画面

Googleレンズで読み取ってみてください。

終わりに

意外と簡単にできてびっくりしたのではないでしょうか。これくらいなら小学生や中学生でもプログラミングできますね。

このQRコードはクリップボードに自動体にコピーされるので、ほかのソフトに張り付けて使うことができます。以前もWIFIのログインQRコードを作りましたが、これでも簡単にできるので挑戦してみてください。

wifiの設定用QRを作るには

WIFI:T:WPA;S:xxxxxxxx;P:yyyyyyyy;H;false;

の文字列を使うといいです。xxxはSSID,yyyはパスワードを入れる。

タイトルとURLをコピーしました