時代はエアレスタイヤへ

TOYOTIRES情報記事

アイキャッチ TOYO TIRES

CNNによると、米自動車メーカー大手ゼネラル・モーターズ(GM)が手掛ける電動自動車(EV)「シボレー・ボルト」の将来モデルが「エアレスタイヤ」を採用する可能性があることがわかった。

cnn.co.jp

現在タイヤの中には空気が入っていますが、窒素ガスを充てんしたりと違うアプローチもされていますね。

タイヤに窒素ガスを入れるのは、じつは、航空機のタイヤに窒素ガスが充填されていることから始まっているとか。

なぜタイヤに窒素を入れるのか?果たして本当に効果はある?
タイヤ交換時に、窒素ガスの充填を薦められたことはありませんか?これ、本当に言われるほどの効果があるのでしょうか。有名店などでは1本540円の料金で、4本に充填するなら2,160円増しということになりますが、はてさて、その見返りとは…。

エアレスタイヤの利点は

  • パンクすることがない
  • メンテナンスフリー(空気圧チェックをする必要がない)
  • 優れた環境性能(転がりやすく燃費向上)

ということでした。

タイヤにも変化の時代がやってきそうですね。

参考

次期「シボレー・ボルト」、エアレスタイヤを採用か
米自動車メーカー大手ゼネラル・モーターズ(GM)が手掛ける電動自動車(EV)「シボレー・ボルト」の将来モデルが「エアレスタイヤ」を採用する可能性があることがわかった。GMと一緒にエアレスタイヤの開発を行っている仏タイヤ大手ミシュランの幹部が明らかにした。このシボレー・ボルトは今後数年内に発売されるとみられている。 - ...
エアレスタイヤ技術:空気のいらない新しいタイヤ 「noair(ノアイア)」
TOYO TIREが技術開発する空気充填不要の新しいタイヤ 「noair(ノアイア)」の紹介サイトです
タイトルとURLをコピーしました