【HC-SR501】人感センサーの使い方

HC-SR501データーシート

【HC-SR501】人感センサーの使い方

センサーについて

外観

HC-SR501
HC-SR501
VKLSVAN 3個セット HC-SR501人体赤外線感応モジュール 検出器PIRモーションセンサースイッチモジュール
特徴: 動作電圧範囲:DC4.5V-20V ; ドレイン電流:50uA 遅延時間:0.5-200S(整することができます); 作業温度:-15 to +70度 レベル出力:ハイレベルの信号:3.3V、低レベル出力0 V; トリガモード:L非反復可能なトリガ/ H繰り返しトリガ(デフォルト) 誘導レンズサイズ:直径:23...

概要

赤外線焦電センサー
このセンサーは制御基板付き赤外線センサーです。
人の存在感知をするために使用します。
距離と出力の時間を変化させるための可変抵抗がついています。

性能

  • 操作電圧範囲:DC4.5-20V。
  • 検出範囲:約7メートル/23フィート。
  • 検出角度:120度未満で円錐形
  • 消費電流:<50uA、OUTPUT:High3.3V Low0V。
  • 出力時間:3~200s
  • 使用温度:-15~70℃

ピン配置

検出範囲は「Sensitivity(感度)」で調整する。約3m~7m
人体検出すると、OUTPUTがHIGHになる。HIGHの時間は「Time Delay Adjust」で調整する。
Jumper(ジャンパー)は中央のピンと上下のピンをジャンパーする。
L側で再検知しない、H側で再検知あり(時間延長)

プログラミング例

回路図
プログラム
int ledPin = 13;  // LED on Pin 13 of Arduino
int sensPin = 2;   // Input for HC-SR501

int sensVal;
int crtVal;

void setup() {
  pinMode(ledPin, OUTPUT);
  pinMode(sensPin, INPUT);
  digitalWrite(ledPin, LOW);
  Serial.begin(9600);
  crtVal = 0;
}


void loop() {
  
  sensVal = digitalRead(sensPin);
  digitalWrite(ledPin, sensVal);

  if(crtVal != sensPin){
    Serial.print("Sensor Value = ");
    Serial.println(sensPin,BIN);
    crtVal = sensVal;
  }
}

その他

焦電型センサーとは

焦電型赤外線センサについて | 日本セラミック株式会社
日セラによって1975年に開発・実用化された焦電型赤外線センサ(パイロセンサ)は、今日までに世界各国

HC-SR501

VKLSVAN 3個セット HC-SR501人体赤外線感応モジュール 検出器PIRモーションセンサースイッチモジュール
特徴: 動作電圧範囲:DC4.5V-20V ; ドレイン電流:50uA 遅延時間:0.5-200S(整することができます); 作業温度:-15 to +70度 レベル出力:ハイレベルの信号:3.3V、低レベル出力0 V; トリガモード:L非反復可能なトリガ/ H繰り返しトリガ(デフォルト) 誘導レンズサイズ:直径:23...
Fritzing

タイトルとURLをコピーしました