技術関連

技術関連

技術関連

寄生虫をレーザーで殺すAI養殖システムがすごい

寄生虫をレーザーで殺すAI養殖システムがすごい 初めに ノルウェーのサーモンは有名ですが、そのサーモンの養殖ではStingray社が開発した画期的な寄生虫駆除システムを多くの養殖場が採用しています。 寄生虫レーザ...
技術関連

オートバイエンジンの組み立てがすごい

皆さんはエンジン組み立てを見たことありますか? 今日はyoutubeでエンジン組み立てを見つけたのでご紹介しようと思います。 Metroバイク組み立て Metroというバイクのエンジン組み立てと製品完成動画です。70cc...
データーシート

ミニ表示器(OLED)をArduinoで使おう【SSD 1306】

ミニ表示器(OLED)をArduinoで使おう【SSD 1306】 ライブラリをダウンロードする 「ツール」「ライブラリの管理」をクリックし、ライブラリマネージャから「Adafruit SSD 1306」をダウンロード...
技術関連

QRコードを作ろう【JavaScript編】

以前の記事で、「.NET Framework」を使いQRコードを作成しましたが、windowsでしか動かないし、そのビルドしたソフトがないと使えないのでちょっとめんどくさいですね。 そこで今回「JavaScript」でQRコードを作っていこうと思います。
技術関連

AIじゃんけんをScratchで作ろう!

画像からいろいろな情報を取得して、判断出来たらなぁって思ったことありませんか? 実はそれを簡単にできる方法があるんです。今日ご紹介するのはTeachable Machineといって、googleが作っている、プログラミングをせずに画像から情報を取得したり、音声から情報を取得したりするすごいサービスです。実はこれは機械学習という方法なのですが、難しいことは考えずに体験してみましょう。
技術関連

【.Net】QRコードを作るwindowsアプリケーションを作ろう

最近いろいろなところでQRコードを見る機会が増えてきました。QRコードはカメラで撮れば簡単にいろいろなことを伝えられて便利ですね。そこで今回はQRコードを作るwindowsアプリケーションを作ってみようと思います。
データーシート

モータドライバ【MX1508】の使い方

MX1508はHブリッジが2つ入ったDCモータドライバ。簡単にDCモーターを2台動かすことができます。入力端子にPWMを入れることにより速度調節が可能。加熱保護回路付き。
技術関連

3分でできる?アレクサオリジナルスキルの作り方

以前動画で簡単アレクサスキルを作ったのですが、もっと簡単にスキルを作れるのをお知らせしたくてこの記事を書きます。これはAlexaブループリントを使う方法なのですが、ものすごく簡単に音声デバイスのスキルが作れるなんてちょっと感動しますよ
技術関連

CANVAでwifi設定用のQRコードを作ろう

デザインツールとして無料で使えるCANVAは、実はQRコードを作ることもできます。 そこで早速wifiのログイン用QRコードの作り方を説明していきたいと思います。
情報記事

Echoが安くなっているので、音声プログラミングのチャンス!

現在Amazonタイムセールでアマゾンデバイスが安くなっています。この機会にアマゾンデバイスを購入して、音声プログラミングを楽しんでみてはいかがでしょうか?
データーシート

Arduino Nano互換機の使い方

当教室でよく使用する Arduinoの中でも小さく使い勝手のいいNano 互換機について説明します。
技術関連

【Unity】爆発エフェクトの作り方(2D)

なにかと必要な爆発エフェクト。今日は簡単に作り方を紹介します。
技術関連

【Unity】Addressableを使って音を再生しよう

前回の記事でAddressableを使ってInstantiateを使いました。今回はAddressableを使って音のリソースにアクセスしようと思います。前回の記事で作ったプロジェクトを変更したものになりますので、前回記事をみてプロジェクトを作ってください。
技術関連

【Unity】非推奨のResouceを使わずInstantiateする(Addressableの使い方)

Instantiateを使う際Resourceを使ってインスタンスを作る方法が主流ですが、Resourceは以前から非推奨となっています。にもかかわらずResource以外でInstantiateを使う方法が見つからないので、今回新機能のAddressableを使ってInstantiateを使う方法をご紹介しようと思います
技術関連

ピンの値が変化したときだけシリアルで送ろう【Arduino】【C言語】

これはArduinoを使っている方への記事になります。 組込みプログラミングをやっているとピンの状態が欲しいときがありますね。 普通オシロスコープ等がないのであれば、シリアルポートに文字列としてデバッグ出力させると思うのですが、常にピンの状態を出力させていると他の情報がわからなくなる時がありますね。 そういう時はピンの状態が変化したときだけシリアルでの情報が欲しくなりますがどのようにプログラミングをすればよいのでしょうか
タイトルとURLをコピーしました